Flight Jacket B-7

visvimの「HUDSON JKT (SHEEPSKIN)が気になって
夜も眠れないので、ちょっと調べてみた。


SourceはフライトジャケットのB-7というものらしい。
そんなことも知らなかった。




◆Type B-7について
タイプB-7(別名:アラスカン・スーツ)は、米陸軍航空隊が、アラスカなどの極寒冷地での使用を目的に開発した、フード付きのヘビーゾーンからベリー・ヘビー・ゾーン向けフライトジャケットで、フライング・トラウザーズ、タイプA-6と併せて1941年7月12日に採用され、42年まで生産された。5/8インチという極厚の羊皮シアリングを使用している。その表面は、乾燥と凍結によるひび割れを予測して、表面処理がされていないのが特徴。また、タイプB-7は、第2次世界大戦中のB-9から現用のN-3Bに受け継がれるパーカー・スタイル防寒フライトジャケットの基本デザインを確立した。採用から生産の停止までわずか1年にすぎない。B-7が短命だった理由のは、その材質である羊皮シアリングの価格と耐久性にあったといわている。極寒地での使用を前提としたため表面処理ができず、汚れに対して臆弱だった。 「引用:www.blue-jean.jp






0 コメント:

コメントを投稿