SOCKS

今年はいろいろと靴下を買った。

来年も使えるといいけど、いろんな意味で・・・







visvim HOMER TOTE

トート2つめ?3つめ?
使い勝手はとてもよいです。
ちょっとしたカスタムを計画中です。





VA0000385
HOMER TOTE-(L) (CANVAS) *FIL EXCLUSIVE


Thom Browne

BEDWIN×JANTIQUES

詳しくは分からないけど、よさげです。

BEDWIN × JANTIQUES





visvim 7 HOLE '73-FOLK

ちょっと苦手な部類かな





visvim 7 HOLE '73-FOLK



visvim WHYMPER BOOTS-FOLK

visvim WHYMPER BOOTS-FOLK

今期のアイコン的アイテム









スエードも...

visvim SERRA PACCARD

ソールが薄くなったようです。

今度は、ビブラムソールになるとか?ならないとか?







JIMMY DEAN

LiveView™

SonyEricsson 「LiveView™





これは、おもしろそう。

休日?


よい天気。どこへ行こう。

Supreme × THE NORTH FACE

いくつになっても何故か惹かれる「Supreme
今年の「THE NORTH FACE」とのコラボは、「Barbour」でおなじみの「WAXED COTTON」を使用しているらしい。





そういえば、こんなのもあったなぁ。
「visvim × Supreme」

今更ながらちょっと欲しいな。

Flight Jacket B-7

visvimの「HUDSON JKT (SHEEPSKIN)が気になって
夜も眠れないので、ちょっと調べてみた。


SourceはフライトジャケットのB-7というものらしい。
そんなことも知らなかった。




◆Type B-7について
タイプB-7(別名:アラスカン・スーツ)は、米陸軍航空隊が、アラスカなどの極寒冷地での使用を目的に開発した、フード付きのヘビーゾーンからベリー・ヘビー・ゾーン向けフライトジャケットで、フライング・トラウザーズ、タイプA-6と併せて1941年7月12日に採用され、42年まで生産された。5/8インチという極厚の羊皮シアリングを使用している。その表面は、乾燥と凍結によるひび割れを予測して、表面処理がされていないのが特徴。また、タイプB-7は、第2次世界大戦中のB-9から現用のN-3Bに受け継がれるパーカー・スタイル防寒フライトジャケットの基本デザインを確立した。採用から生産の停止までわずか1年にすぎない。B-7が短命だった理由のは、その材質である羊皮シアリングの価格と耐久性にあったといわている。極寒地での使用を前提としたため表面処理ができず、汚れに対して臆弱だった。 「引用:www.blue-jean.jp






visvim ORION TWEED JACKET

ORION TWEED JACKET 2L GORE-TEX *FIL EXCLUSIVE







EIGER BOOTS-FOLK

EIGER BOOTS-FOLK *FIL EXCLUSIVE


トサカがなくなっていい感じ。






散歩



Moncler V IDE

Moncler V IDE (ダウンベスト)








ELMENDORF JACKET

visvim ELMENDORF JACKET








HUDSON JKT (SHEEPSKIN)



visvim HUDSON JKT  (SHEEPSKIN)


間違いないですね。


昨年の「Patton hoodie」はいまいちな感じでしたが、今年のはちょっと欲しいな。